「魅力ある企業の創造」(19)

 今回も引き続き、担当者の職務について考えていきます。今回は、担当者の職務を、戦略的且つ能動的な活動スタイルに変換することを提案致します。現在、多くの企業の担当者は、場当たり的且つ経験則に従い、業務を遂行しています。企業も、担当者に対して、仕事を抱え込ませ、チームで業務遂行させるようなリスク分散型になっていません。これでは、効率性も悪く、自分で自分の首を絞める状況を作り出しています。そのため、担当者は、自らの業務遂行スタイルを、次のように変えることが必要です。

❶担当者は、部門長から指示を受けなければ、行動に至らない受動的な業務遂行や部門長から何も指示を受けず、勝手に行動する業務遂行スタイルを、「自ら考え、計画し、行動する」という能動的業務遂行スタイルに変える。勿論、部門長の承認を得て、行動する。

 以上の能動的業務遂行スタイルは、従来の受動的業務遂行スタイルを変えることです。これは、180度、意識を変えなければ、この行動スタイルは難しいと言えます。しかも、能動的だと言って、勝手に、自分なりの考え方や進め方で実施して良いと言うことではありません。これは、業務システムや指示命令系統を遵守した行動、情報を共有化した行動をとらなければなりません。特に、意思決定を要する業務では、判断を下すことが求められます。担当者にどこまで、その判断を下す権限が与えられるかが、重要になります。この意思決定を要する業務における権限規定は、多くの企業で、不明確になっています。特に、運用に問題があります。担当者の多くは、判断を下した後、結果の報告となっていることです。部門長自身の担当者業務の忙しさや良い意味で担当者に任されていると言えますが、非常に、危険な権限であることは間違いありません。トラブルや原価アップに繋がらなければよいが、トラブルの事実が露見した場合は、責任の所在が分からず、原因追及もせずに、隠蔽に走ることにもなります。これらは、全て、受動的業務遂行スタイルに原因があります。

 次回は、戦略的な攻め方について考えていきます。

最新記事

アーカイブ