コストマネジメントによる戦略的な組織構築(68)

 今回も引き続き、企業の改革を担う社員の戦略的視点に立った職務について、考えていきます。⑦「業務の効率化に向け、組織を統制する」です。業務改善と同じではないかと思われる方がいるかもしれませんが、業務の効率化は、決められた業務システムに従い、「ケツ」を叩く作業と言えます。マネジメント業務の一つと捉えてよいでしょう。「計画」「組織化」「命令」「交渉」「統制」の「統制」です。統制とは、部下である社員の業務がスムーズに回るように、構築されたシステム或いは、アクションプラン等に従い、監視し、機能しない場合の指導、制限等を行うものです。よく社員は、決められた通りにやればよく、後はできるはずだと言って、放置しがちです。マネジメント業務において、非常に重要な職務です。現実は、殆ど機能していません。

 次回も引き続き、この職務について考えます。

最新記事

アーカイブ