コストマネジメントによる戦略的な組織構築(59)

今回は、戦略的視点に立った社員の職務について考えます。一般的に、多くの中小建設企業の営業部、工事部、管理部等の如何を問わず、現状遂行している職務が存在します。そして、社員は、これらの職務を遂行し、報酬を得ています。今後、改革を進めるには、これらの社員に、新たな職務を付加する必要があります。本来ならば、新たな職務には、新たな人員を補充しその職務に就いて頂ければよいのですが、人的資源に余裕はありませんので、兼務にて処理することになります。兼務させるためには、自前の社員に新たな職務を習得させる必要があります。多くの企業で、この作業を怠っています。その結果、どうなるかと言えば、改革は失敗に終わるということです。実に経営者の多くは、容易に或いは落胆的に考えています。今回の「戦略的な視点に立った職務」は、今までの仕事の範囲を超え、創造性の高い仕事になります。経営の良し悪しに直結する重要な職務だと認識すべきです。しかも、この新たな職務への挑戦が、今後、自社の将来を左右すると考えるべきなのです。

そこで、特に、地方の公共工事の事業量に振り回されてきた閉鎖的な環境、しがらみの中で生きてきた企業にとり、脱却を図るためにもこの新たな職務へ挑戦することが重要です。まず、経営者の根本的な意識を変えることがスタートです。外部の専門家に相談することから初めて下さい。相談をし、専門家の意見を聞き、客観的に自社を分析して下さい。すぐに専門家に指導を依頼するよりも、まず、自社の課題を認識することです。課題認識できなければ、改革と言っても何をやれば良いのか、全く分からないからです。経営者自身が当事者意識に立ち、客観的に自社を見られるようになったら、次のステップ(専門家への依頼)を決断し、行動を起こすべきです。

次回は、その戦略的視点に立った社員の職務に言及していきましょう。

最新記事

アーカイブ