コストマネジメントによる戦略的な組織構築(29)

今回は、コストマネジメントに基づくシステム構築について考えていきます。このシステム構築の根底にあるのは、価値向上と利益確保です。ある意味当たり前と言えば、当たり前ですが、特に価値向上への取り組みは、企業の生き残りのためには絶対に必要です。

まず一つ目は、「戦略との連動」です。戦略のない企業に、明日はないと考えます。とりわけ、地方の経営者の多くは、企業が将来に向け、どう戦うべきかといった中長期的且つ独自の戦略を持ち合わせていない場合が散見します。それでも、生き延びていられるのは、公共事業の存在です。繁忙期や閑散期に振り回され、発注者の意向に従い、工事を履行する環境です。何よりも、発注者の要求、指示が優先され、自分たちが立てた計画は、反故にされ、発注者の意のままに活動する状況です。

つまり、戦略はなく、発注者の考えでどうにでもなるということです。自ら立てた戦略など、あまり意味がないことになります。

次のような声を聞きます。「地方の閉鎖された市場では、どうしようもなく、公共工事頼み、発注者頼み以外に進む方向はない」と、言い切る経営者がいます。加えて、「戦略などは必要ない」とも。果たして、これで地方の建設業の将来は安泰と言えるでしょうか。若い人たちは、このような業界に魅力を持ち、働きたいと思うでしょうか。決して思わないでしょう。

「では、どうしたらいいんだ」と、凄む経営者もいます。「公共工事しかない地方の現状を分かっていないのではないか」と詰め寄りますが、閉鎖的な市場にしたのは、一体全体誰でしょうか。自由競争は口ばかりです。

経営者自身、将来に向けた取り組みは、たくさんあります。今からでも遅くはありません。外部セミナー(異業種セミナーなど)や市場経済における書籍、或いはインターネットからの情報も豊富です。外にでることにより、人脈が構築できます。これらの人脈から大事な情報が得られるはずです。経営者がやるべきは、外へ向けた行動です。ここから経営者は、自ら考えた戦略をどのように企業内に浸透させることができるかが重要です。但し、幹部社員の顔が見えた時、ため息が聞こえるのも事実ですが、そうさせたのは経営者自身です。

さあ、先は見えたのです。後は行動あるのみです。コストマネジメントシステムはまさにこれらに対する処方箋だと考えます。

次回は、戦略との連動について考えていきます。

最新記事

アーカイブ