コストマネジメントによる戦略的な組織構築(24)

今回は、担当者の職務が、経営とどのように繋がっているのか、いないのか等について考えます。

本来、経営と現場の運営が全く目的を別にして行われていることはありません。しかし、社員の人たちには、次のような声が聞こえていると言います。

「経営者のやっていることは、我々社員には関係ないことだ、と。」このような声が挙がるのは、何故でしょう。まず、担当者の日常業務を見てみましょう。担当者は、企業からの指示或いは、与えられた目の前の業務を遂行します。但し、一日の業務計画(どこまで業務を進めるのか)などは、あまり立てていない企業が多く、その場合、社員のペースで業務は遂行されます。すると、工程の遅れや納期の遅れが発生しても、社員本人への責任追及はありません。原因は、企業側にあるからです。管理不足、指示不足、つまりマネジメント不足なのです。

確かに人員不足や資機材調達遅れも深刻な問題です。であれば、担当者と企業は連携してその対策を講じるべきでしょう。まさに、経営と現場が連動していれば、このような問題を回避する手立てが立てられているでしょう。実態は、必ずしもそうではないということです。企業も担当者も目の前の問題から目を逸らしています。特に、担当者は、長年染みついた業務のやり方を変えようとはしません。自らの職務内容を顧客のニーズや企業の方針、技術革新などに照らし合わせ、現状を否定し、自らやり方を見直し、改善するなどできなくなっているのです。

担当者の業務は、ルーチンワークである場合が多く、やるべきことが、既にわかっているため、自然と身体が動き、考えることなく業務を遂行できます。ところが、見直しや改善業務となると、今までの自分たちのやり方を否定するため、総論で賛成できたとしても、各論では、保守的且つ否定的になるのが常です。これを変えるには、大きな力が必要です。或いは大義や価値観といった行動を左右するほどの考えが求められるのです。従って、経営的な視点に立ち、物事を論理的に捉えるなど、何故、変えなければならないか論理的な組み立てが必要なのです。つまり、マネジメントです。

さて、次回は、あまりこのマネジメントが理解できない経営者の実態を踏まえ、経営と現場の乖離について考えます。

最新記事

アーカイブ