コストマネジメントによる戦略的な組織構築(22)

今回は、部門責任者の経営と現場の乖離が起きないための教育並びに、部門責任本人の本来職務について考えます。

そもそも、部門責任者に対する教育とは何でしょうか。又、イメージできるでしょうか。外部環境情報収集の一環であれば、セミナー等への参加で十分です。しかし、その参加すら実施していない企業も散見しますが。さて、部門責任者の能力向上を図るとなるとどうでしょう。業務経験は十分に積んでいますし、業務上の判断力や意思決定力も持っています。つまり、過去からの積み上げ経験では、部門責任者に対する教育はないとなります。マネジメントや戦略構築などは、どうもイメージできないようです。せめて、マネジメントや戦略構築が是非とも必要だと認識してほしいものですが。

従って、部門責任者の教育を自社で行うことは、不可能と言えます。必ず外部を活用することをお勧めしますし、必然的です。しかも、部門責任者の本来職務は、マネジメントです。これは、非常に付加価値の高い職務であることを経営者は理解しなくては、いけません。企業の成果或いは、将来に向けて大きく影響するなど、貢献度合いの高い職務なのです。

そこで、次回、部門責任者の本来職務について、具体的に考えていきます。

最新記事

アーカイブ