コストマネジメントによる戦略的な組織構築(21)

今回は、前回部門責任者の経営と現場を繋ぐ役割について考えましたので、その役割を遂行する方策を考えます。部門責任者の職務は、担当者時代の延長線上しか職務がイメージできないことに、大きな原因があると言いました。多くの企業で、この原因が取り除かれることなく、そのまま放置されています。

このため、部門責任者が経営と現場を繋ぐ職務を遂行するためには、プロパーの社員を戦力化すべきです。何故ならば、プロパーの社員の愛社精神は、非常に強い思いを感じるからです。そして、このプロパーの社員の職務は、現場経験上培った知識や能力が大半なため、経営に関する知識は皆無に近いと言っても過言ではありません。

つまり、この企業に対する愛社精神や強い思いを、経営的な知識や能力向上に向かわせることなのです。責任を持ち、人一倍頑張る意識に溢れています。現場に置けば、確かに成果は期待できますが、そこで、もう一つステップアップさせることこそ、経営者の仕事と言えます。積極的に、外部研修や様々な知識を習得させ、将来の企業づくりに備え、経営者の右腕に育てていくことです。

ところが、このようなプロパーの社員を育て切れていない企業が散見しています。このような企業の顛末は、マネジメントのできない、頑固な部門責任者で終わることでしょう。そのため、企業の将来に向けた経営課題は、手つかずのままです。部下の担当者業務をサポートするなど、人員不足も相まって自ら担当者として業務を遂行することは、目の前の問題は解決するでしょう。しかし肝心な経営課題は先送りとなったままです。そのためにも、プロパーの戦力化は早期に求められます。部門責任者の本来の職務に着目し、部門責任者本人を育成することです。

次回は、この教育そして、部門責任者の本来の職務について考えます。

最新記事

アーカイブ